So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

Mike Phillips/MP3 [新譜]

Mp3

Mp3

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hidden Beach
  • 発売日: 2010/07/27
  • メディア: CD
  • スティーヴィー・ワンダーやジル・スコットとも共演していたサックス奏者の、3作目。曲によって、スティーヴィー・ワンダー(harm)、マーカス・ミラー(b)、ノーマン・ブラウン(g)などがゲストとしてフィーチュアされてます。基本的には、ヒップ・ホップの要素もあるスムース・ジャズ・サウンドという感じだけど、サウンド・メイキングのセンスもいいし、彼のアルト・サックスもファンキーにブロウしてます。とても今日的なスムース・ジャズという感じ。ゲストたちのプレイは、やっぱり相変わらず安定してます。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

JAM company/musicolony [新譜]

musicolony

musicolony

  • アーティスト: JAM company
  • 出版社/メーカー: Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
  • 発売日: 2010/08/27
  • メディア: CD
  • 元groovelineで、DREAMS COME TRUE、ゴスペラーズ、スキマスイッチなど数多くのアーティストのサポートを務めてきた本間将人(sax)を中心に、T-SQUAREの坂東慧(ds)、個人的にとても注目している期待のプレイヤー佐藤雄大(key)、そして後藤克臣(b)、上條頌(g)という、若手実力派5人によって結成されたユニットのデビュー・アルバム。とてもポップで親しみやすいメロディの楽曲と、気持ち良くグルーブするリズムが一体となって、新感覚のインスト・ミュージックを作り出してます。そのハツラツとしたプレイと、柔軟な音楽性が実に爽快で、演奏力の高さも含め、とても大きな可能性を感じるグループです。なによりも、彼らのような若い世代の、本格派インスト・グループが出てきてくれたということが、ほんとうに嬉しい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

jetism/平井武士 [新譜]

jetism

jetism

  • アーティスト: 平井武士,平井武士,岡ナオキ
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2010/08/25
  • メディア: CD
TRIXのギタリスト、平井武士の初リーダー作。基本的に打ち込みサウンドをバックに、彼のギターがメロディやソロを取る、という内容になってます。楽曲はすごくポップでストレートだし、彼のギターも、ギミック的なものはあまりなく、ただただ気持ち良さそうに歌ってる。フュージョンというよりは、ポップ・ギター・インストゥルメンタルという感じだけど、この衒いやけれん味の無さは、とても彼らしくて気持ちがいい。彼はいいギタリストだし、こういうストレートさは、大事にしてほしいな、と思う。

Ricardo Silveira/Ate Amanha ('Til Tomorrow) [新譜]

Til Tomorrow (Ate Amanha)

Til Tomorrow (Ate Amanha)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Adventure Music
  • 発売日: 2010/05/18
  • メディア: CD

  • ブラジル出身のギタリスト、リカルド・シルヴェイラの新作。Romulo Gomes(b)、Andre Tandeta(ds)とのトリオを中心に、そこにオーケストラが加わり、ジャジーだけど、軽快なギター・ソロをたっぷりと聴かせてくれてます。CTIを思わせるソフィスティケイトされたオーケストラ・サウンドと、流れるようなギターのマッチングが、いい感じ。リズムの揺れがとても気持ちのいいギター・アルバムになってます。ギター・ソロも素晴らしいけど、やっぱりリズム感の良さがハンパじゃないですね、この人。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Tom Schuman/Reflections Over Time [新譜]

Reflections Over Time

Reflections Over Time

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2010/06/08
  • メディア: CD
スパイロ・ジャイラのキーボード奏者、トム・シューマンのソロ・アルバム。彼の仲間たちとのレコーディングになっていて、ダズ・バンドやクール&ザ・ギャングなどで歌ってたスキップ・マーティンがゲスト参加してます。そのキーボード・ソロの切れ味は相変わらずで、彼、注目されることは少ないけど、やっぱりすごくいいミュージシャンだと思う。あの「Giant Steps」でアコースティック・ピアノをバリバリと弾きまくってて、ジャズ・ピアニストとしてのすごさを見せつけてくれてます。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです) 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Jeff Richman/Like That [新譜]

Like That

Like That

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Nefer Music Records
  • 発売日: 2010/08/17
  • メディア: CD

  • 最近は、ギタリストのトリビュートもののプロデュースでも活躍しているジェフ・リッチマンの新作。ヴィニー・カリウタ(ds)、アレックス・アクーニャ(perc)、ミッチェル・フォアマン(key)、ラリー・ゴールディングス(org)、ウィル・ケネディ(ds)、ニール・ステューベンハウス(b)などといった、豪華メンバー。ちょっぴりひねくれて、エッジの効いたタイトなサウンドをバックに、イマジネーションあふれるギター・ソロを聴かせてます。やっばり個性的なギタリストですね、彼は。 (今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Marcus Johnson/This Is How I Rock [新譜]

This Is How I Rock

This Is How I Rock

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Three Keys Music
  • 発売日: 2010/07/27
  • メディア: CD
スムース・ジャズ・シーンで人気のキーボード奏者、マーカス・ジョンソンの新作。ハーブ・アルパートの「Rise」、セルジオ・メンデスの「Mas Que Nada」、ジャミロクワイの「Virtual Insanity」、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」などをカヴァーしてて、歯切れのいい、ファンキーなピアノ・ソロを聴かせてます。ナジー(sax)、グレッグ・アダムス(tp)などがゲスト参加。なんとグレッグ・アダムスが「Rise」を朗々と吹いてます。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです) 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Esperanza Spalding/Chamber Music Society [新譜]

チェンバー・ミュージック・ソサイエティ

チェンバー・ミュージック・ソサイエティ

  • アーティスト: エスペランサ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2010/08/18
  • メディア: CD
  • こちらは輸入盤
Chamber Music Society

Chamber Music Society

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Telarc
  • 発売日: 2010/08/17
  • メディア: CD

  • アコースティック・ベースで超絶技巧を披露しつつ、キュートなボーカルで弾き語りを聴かせるという、驚異的なスタイルで注目を集めている女性アーティスト、エスペランサちゃんの新作。ピアノ・トリオにビオラやチェロなどを加えた編成で、室内楽的な要素も感じられる、シンプルだけど密度の高いサウンドを展開してます。ストリングス・アレンジをギル・ゴールドスタインとスポルディング自身が手掛けていて、ゲストにあのミルトン・ナシメントが参加。ヴォーカルは相変わらずキュートだし、ベースもやっぱりメチャ上手い。まだ26歳。まさに天才アーティストですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Tom Browne/S' Up [新譜]

S’Up/ワッツアップ

S’Up/ワッツアップ

  • アーティスト: トム・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/08/18
  • メディア: CD
なんと、トム・ブラウンの約10年ぶりのリーダー作が出てきました。彼、80年代後半以降は音楽界からは距離を置き、飛行機のパイロットとして活動していたんだそうな。久々のアルバムは中村照夫のプロデュースで、フレッド・ウェズリー、ジェイ・ロドリゲス、オーナージ・アラン・ガムス、グルーヴ・コレクティヴのメンバーなどが参加してます。全体的にスムース・ジャズのテイストも感じられる、洗練されたアダルト・フィーリング溢れるサウンドをバックに、彼のトランペットが朗々としたソロを聴かせてます。そのブリリアントな音色は、相変わらず。ま、もう少しハチ切れた演奏も聴きたい気もするが、これもきっと彼の“円熟”なのでしょう。トランペットが美しいメロディをじっくりと歌い上げる、ジャクソン5の「I'll Be There」にグッときてしまった。

David Sanborn/Original Album Series [再発]

Original Album Series

Original Album Series

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros UK
  • 発売日: 2010/08/10
  • メディア: CD

こちらはサンボーンの5オリジナル・アルバム・シリーズ。『Taking Off』(75年)、『David Sanborn』(メロウ・サンボーン:76年)、『Heart To Heart』(78年)、『Hideaway』(80年)、『Voyeur』(夢魔:81年)の、泣く子も黙る名盤5枚組! 初期サンボーンを聴いたことがない人は、これを機会にぜひ聴いてみよう。やっぱりこの人は、デビュー当時から“オリジナル”です。
ただしこのシリーズ、紙ジャケにCDがハダカで入っていて、輸入盤はブックレットも解説も付いていないので、そのあたりは要注意です。


George Duke/Original Album Series [再発]

Original Album Series

Original Album Series

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros UK
  • 発売日: 2010/08/10
  • メディア: CD
ワーナー・ミュージックUKがリリースしている5オリジナル・アルバム・シリーズ。今度はジョージ・デューク盤が、アメリカ盤でリリースされました。内訳は『Snapshot』(93年)、『Illusions』(95年)、『Is Love Enough?』(97年)、『After Hours』(98年)、『Cool』(2000年)の5枚。90年代の、彼のワーナー時代の作品は、あまり話題にはならないけど、やっぱりとてもクォリティの高い、上質のアルバムを作ってます。やっぱり名キーボード奏者であり、名プロデューサーですね。
ただしこのシリーズ、紙ジャケにCDがハダカで入っていて、輸入盤はブックレットも解説も付いていないので、そのあたりは要注意です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Jeff Lorber/Step By Step [再発]

Step By Step (Exed) (Reis)

Step By Step (Exed) (Reis)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wounded Bird Records
  • 発売日: 2010/08/03
  • メディア: CD

メジャーが無視しているような、アッと驚く作品を、ライセンスを受けて続々CD化しているという、気合いのリイシュー・レーベル“Wounded Bird”が、またまたやってくれました。ジェフ・ローバーの85年のヒット作、ついにCD化です。しかもリミックス・ヴァージョンなど、ボーナス・トラック4曲入り! プロデューサーでもある彼が、あえてミック・マーフィー&デヴィッド・フランクの2人組“システム”をプロデューサーとして起用し、当時としては最先端のダンス・ミュージックを見事にクリエイトしてました。オードリー・ホイーラーのヴォーカルをフィーチュアしたタイトル曲は、ディスコでかかりまくってましたなぁ。
ちなみにWounded Birdからは、Inner City時代のJeff Lorber Fusionの2作も、気合いのCD化がされてます。

Soft Space

Soft Space

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wounded Bird Records
  • 発売日: 2008/06/24
  • メディア: CD
  • Jeff Lorber Fusion

    Jeff Lorber Fusion

    • アーティスト:
    • 出版社/メーカー: Wounded Bird Records
    • 発売日: 2008/06/24
    • メディア: CD

 


タグ:再発
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

George Benson/Original Album Series [再発]

ファイヴ・オリジナル・アルバムズ

ファイヴ・オリジナル・アルバムズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: CD
  • ワーナー・ミュージックから、様々なアーティストのオリジナル・アルバムを5枚パックにした、廉価のポックス・セットが数多く出てますが、今回ワーナー・ミュージック・ジャパン設立40周年を記念して、30アーティストのセットが国内盤でもリリースされました。なんと5枚組3,300円! ちなみに国内盤は、国内マスターを使って、国内でプレスしており、音質はこっちのほうがいいです。で、フュージョンものでは、ジョージ・ベンソンものがリリース。『ブリージン』『メローなロスの週末』『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』『テンダリー』『ビッグ・ボス・バンド』の5枚セットです。この名盤5枚がこの値段で買えるのだから、いい時代になりましたね。ちなみにワタシが、ライナーノートを書かせてもらってます(あと、チャカ・カーンのもワタシがライナー書いてます)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Jeff Berlin/High Standards [新譜]

ハイ・スタンダーズ

ハイ・スタンダーズ

  • アーティスト: ジェフ・バーリン,ダニー・ゴットリーブ,リチャード・ドレクスラー
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: CD
  • 輸入盤はこちら 

High Standards

Jeff_Berlin「HIGH_STANDARDS」.jpg

ジェフ・バーリン久しぶりのリーダー作は、リチャード・ドレクスラー(p)、ダン・ゴットリーブ(ds)というトリオによるレコーディング。そのタイトルどおり、ジャズのスタンダード・ナンバーを、いつもどおりの超絶技巧ベースで弾き倒してます。題材はスタンダードだけど、ベース・ソロが始まると、やっぱりバーリン・ワールド。ベース・ファンにはきっとたまらない内容ですね。リチャード・ドレクスラーがアコースティック・ベースも弾けるので、リズムを他の二人に任せて、バーリンはベースでずっとメロディとソロを弾いたりもしてます。

なんと、ジェフ・バーリン本人がこのブログを見つけ、「ジャケット写真を貼ってくれ」という依頼が来ました。Amazonとのリンクのため、ジャケ写がなかったのですが、本人とレコード会社の許可が出たので、貼っておきます。ちなみに、ジェフ・バーリンからのコメント“What a wonderful review. I am so flattered by Kumagai's comments.”


タグ:新譜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Raga Bop Trio [新譜]

ラガ・バップ・トリオ

ラガ・バップ・トリオ

  • アーティスト: スティーヴ・スミス,プラサンナ,ジョージ・ブルックス
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: CD
スティーヴ・スミスを中心とした新しいトリオの作品。まるでシタールのようなフレージングを駆使するインド出身のプラサンナ(g)と、ジョン・マクラフリンのセッションなどに参加していたジョージ・ブルックス(sax)という不思議な編成で、タイトルどおり、インド音楽とジャズが融合したような不思議なサウンドを展開してます。3人はいずれも超絶技巧の持ち主で、そのトリオが展開するインド音楽風ジャズが耳に新鮮。プラサンナのギターの、ちょっぴり変態的なニオイがたまらん。違ったルーツを持つ3人が、それぞれの個性を発揮し合うことで、まったく新しい手触りの音楽を生み出してます。こういうのも、ジャズという音楽の持つ大きな可能性のひとつだと思う。
タグ:新譜

George Duke/Deja Vu [新譜]

デジャヴ

デジャヴ

  • アーティスト: ジョージ・デューク
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: CD

輸入盤はこちら Deja Vu

ジョージ・デュークの2年ぶりの新作。エヴァレット・ハープ(sax)、ポール・ジャクソンJr.(g)、レイ・フラー(g)、ヒューバート・ロウズ(fl)、ニコラス・ペイトン(tp)などなどが参加。前作はかなりファンキーな作品でしたが、今回はポップでヴァラエティに富んでいるというか、様々なタイプの曲が収録されており、その中で彼のピアノとヴォーカルが、例によって歌いまくってます。もう、とても安心できるほど、いつもどおりだけど、やっぱりこの人の作品、いつもクォリティが高いです。


タグ:新譜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Herbie Hancock/Imagine Project [新譜]

イマジン・プロジェクト

イマジン・プロジェクト

  • アーティスト: ハービー・ハンコック,チーフタンズ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2010/07/21
  • メディア: CD

  • 輸入盤はこちらImagine Project

前作『River』でグラミー賞を取ってしまったハンコックが、またまた壮大なプロジェクトを始動。ジェフ・ベック、ピンク、シール、ジョン・レジェンドといったロック/ポップス界のスターから、チャカ・カーン、ウェイン・ショーター、マーカス・ミラーといったお友達たち、そして話題のタル・ウィルケンフェルドちゃん、さらにアイルランド、ブラジル、コロンビア、ソマリアなど12カ国のミュージシャンが参加し、タイトル曲の「イマジン」をはじめとして、ピーター・ガブリエルの「ドント・ギヴ・アップ」やら、ボブ・ディランの「時代は変わる」やら、ボブ・マーリーの「エクソダス」やら、ポップス、R&B、レゲエなどの様々なナンバーを、壮大なセッションで演奏してます。これぞ国籍・人種を越えた現代のボーダーレス・ミュージック。いかにもハンコックらしい、グローヴァル・アルバムであります。


タグ:新譜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Dominic Miller/November [新譜]

November (Dig)

November (Dig)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Qrious Music
  • 発売日: 2010/05/11
  • メディア: CD
スティング・バンドなどで活躍してるギタリスト、ドミニク・ミラーの新作が出てきました。なぜか、レベル42のマーク・キングがベースを弾いてます。他のメンバーは、イアン・トーマス(ds)、マイク・リンドアップ(key)、ヤーロン・ハーマン(p)、ジェイソン・リベロ(key)、デイヴ・ヒース(fl)、スタン・スルツマン(sax)などなど。ロック、ファンク、ジャズなど、様々な音楽の要素が融合して、独特のインスト・サウンドを聴かせてます。プログレの匂いもするし、新しい時代の、ノンジャンル・ギター・インスト・ミュージックという感じかな。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです) 
タグ:新譜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Walter Beasley/Live In The Groove [新譜]

Walter Beasley Live-in the Groove

Walter Beasley Live-in the Groove

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2010/05/18
  • メディア: CD
    スムース・ジャズ・シーンで人気のサックス奏者、ウォルター・ビーズリーのライヴ・アルバム。グレン・ダグラス(key)、ウェイン・ジョーンズ(g)、ウェブスター・ローチ(b)、リル・ジョン・ロバーツ(ds)という、彼のレギュラー・グループで、ボストンのクラブ“Scullers Jazz Club”でレコーディングされてます。スムース・ジャズの人だけど、やっぱりライヴでは、タイトルどおり熱いですね。特に、グローヴァー・ワシントンJr.の「Mr. Magic」をファンキーにブロウしているところに、彼のサックス奏者としてのスピリットを見る気がする。あとデニース・ウィリアムスの「Free」のカヴァーもいい感じでグルーヴしてます。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです) 

タグ:新譜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Norman Brown/Sending My Love [新譜]

Sending My Love

Sending My Love

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Concord Records
  • 発売日: 2010/06/21
  • メディア: CD

 

ノーマン・ブラウンの、約3年ぶりの新作が出てきました。ハーマン・ジャクソン(b)、アレックス・アル(b)、テディ・キャンベル(ds)、ケヴィン・リチャーズ(perc)などが参加。もう、何ら揺るぎないというか、いつもどおりの、あのベンソン・チルドレンぶり全開のギター・ワークをタップリ聴かせてくれてます。個人的には、大好きなケニー・ロギンズの名曲「Celebrate Me Home」を、娘のロシェラちゃん(現在バークリー音楽院に在籍中だそうだ)とゴスペル・フィーリング満開でカヴァーしているのに、グッときてしまった。(今のところ、国内盤リリース予定はなさそうです) 


タグ:新譜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。